top of page

NEWS

最新情報

プロスタニュースVol.82 ヴェネツィアは寝込んで終わりました

いつもお世話になっております。
プロスタンダードの高取です。

◆まさか旅先でコロナになるとは・・・

欧州周遊の4日目、ローマで
コロナが発症しましたが、その時はまだ
風邪かインフルを疑っていました。

翌日は電車で4時間かけてヴェネツィアの
宿に到着し、私は寝込みました。すぐに。

妻が心配して、薬局で風邪薬を
買ってくれることになりました。

◆英語ができない妻は、宿のオーナー
に付き添いの相談をしたが・・・

妻は英語がほとんど喋れないので、
Google翻訳の音声入力を駆使し、
オーナーに薬局まで付き添いの相談を
していました。

ところが、Google翻訳がオーナーの音声を
全く認識せず、10分ほど試していました。

妻も翻訳を諦めかけ、オーナーから
2,3m離れた時、ついにGoogle翻訳が
正常に機能したのです。

◆妻のスマホに表示されたのは・・・

「こんなにも英語ができないものか」
と、シンプルにオーナーの呆れを表す言葉でした。

まあそうなりますよね・・・

ということで、無事音声入力の適切な距離が
わかり、インフルの薬を買ってきてくれました。
(その翌日に病院でコロナ陽性の診断を受けました。)

◆妻とオーナーのやり取りからの学び

旅行中は全て私がコミュニケーションを
担っていましたが、妻もコミュニケーション
しなければならない状況が生まれました。

仕事においては、「できる」人に業務が集中している
状況は無いでしょうか?

仕事で必要なスキル・知識も、語学と同じように
一朝一夕で身に付くものではなく、コツコツ鍛えないと
いつまでも習熟できないという特徴があるかと思います。

管理職としても、業務の平準化、メンバー育成など
やりたくても、割ける時間が無いことも多いかもしれません。

緊急度は低い・重要度が高い業務を着実に進めるため、
1日2,30分でも時間を捻出したいところです。

例えば、80点か100点か、求められる成果物の
クオリティを事前にすり合わせ、着手後も
軌道修正をし、どんでん返しや手戻りを防ぐなどで
業務ごとの所要時間を最適化できたら良いですね。


◆最近の気になるニュース
企業の人材マネジメントに関する調査2023
管理職・ミドルマネジメント編(リクルート社)
https://www.recruit.co.jp/newsroom/pressrelease/assets/20231017_hr_01.pdf

天才でも秀才でもない凡人の生き方 凡人の最強の武器とは
https://project.nikkeibp.co.jp/HumanCapital/atcl/column/00081/092000020/

< 後の記事
前の記事 >
bottom of page