株式会社プロスタンダード   〒105-0014東京都港区芝3-31-5 福田ビル3F

​受付の時間:平日AM9:00〜PM6:00

  • Tumblrの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

Copyright c2019 Prostandard All Rights Reserved.Powered by Prostandard

NEWS

最新情報

お世話になっております。

プロスタンダードの若林でございます。



今日は前回の続きの「業務棚卸表」について書きますね。

ちょうど昨日、働き方改革のセミナーをやっていたのですが、

ご参加者から「生産性や成果をどう考えるのか?」

そこが難しいという声をいくつかありました。



生産性や成果をどう考えるのかは業務棚卸表で説明できます。

改めて稼働、準稼働、非稼働の定義です。



①稼働:成果に直結する作業

②準稼働:稼働を補佐する作業

③非稼働:ムダな作業



②・③の時間を最小化することが「効率向上」につながり、

①の時間を増やすことが「生産性向上」につながります。

人事の仕事であっても上記の考え方が適用できます。



そのためには、人事の仕事の「成果」を定義する必要はあります。



さらに稼働、準稼働、非稼働に時間軸を設けると面白いです。



・目の前の稼働、準稼働、非稼働

・未来につながる稼働、準稼働

※未来につながる非稼働(ムダ)なものは無いという考え方



未来につながるというのは、直近1年くらいでは評価されないものの、

より長いスパンで考えると評価されるものです。



たとえば、中長期的に「人事制度を変える企画」の仕事などは

未来につながる稼働と考えられます。



文字だけで説明するのは難しいですね。。



この業務棚卸表の考えを7月のセミナーでもしっかり紹介していきます。

「生産性をどう測るのか?」ということに興味がある方は、ぜひご参加ください。



以下、セミナー情報です。

【セミナー情報】

7月25日(木)14:00~16:00@ベルサール八重洲(東京駅3分)

【働き方改革の責任者/人事トップ向け】

【満員御礼の追加開催】【働き方改革/生産性向上の実践編】

現場に生産性向上の施策を提供し、働き方改革実現の支援を行うためのセミナー

※700名以上の企業向け



お申し込みURL:日本の人事部サイトにリンクしています。

https://jinjibu.jp/seminar/detl/59322/



8月28日(水)14:00~16:30@ベルサール飯田橋駅前ビル

【働き方改革の責任者/人事トップ向け】全社の働き方改革で多くの企業が失敗している

原因を明らかにし、泥沼に陥らないためのセミナー※無料 500名以上の企業向け



申し込みURL:日本の人事部サイトにリンクしています。

https://jinjibu.jp/seminar/detl/60066/