NEWS

最新情報

プロスタニュースVol.48 生産性について、改めて考えませんか?

いつもお世話になっております。
今週は若林よりメルマガをお届けいたします。
先週、弊社の高取よりセミナーのご案内を
しましたが改めて。

・6月28日(火)15:00~16:30
・テレワーク主体組織の生産性と
課題を考え、先手を打つには?
・無料、オンライン開催(Zoom)
(セミナー申し込みサイト)
https://www.prostandard.co.jp/seminarwi

テレワークが主体となりつつある企業様も、
オフィスワークに戻りつつある企業様も
いらっしゃると思います。
はたまた、決めあぐねている企業様も。

GAFAでもオフィスワークを主体にするような
ニュースがあったり、最近では、日本でもホンダの
テレワーク禁止のニュースなどありました。

テレワークは個人と組織の生産性を左右するので、
経営層も慎重に判断せざるを得ないのだと考えます。

しかも生産性は短期的に上がっている、下がっている
など可視化しにくいので、生産性が下がって後々困る、
ということも避けたいところです。

では、テレワークとオフィスワーク、これらが
混じっているときの生産性について、どのように
考えれば良いのでしょうか?

社長や経営層からこのような質問が来たら、
あなたは明確なロジックを持って
答えられるでしょうか?

どうだろう・・・
と思われた方、ぜひこの機会に
セミナーへご参加ください。

また、生産性を高める武器提供を
現場へできているか?

どうだろう・・・
と思われた方、繰り返しになりますが、
ぜひセミナーへ!

テレワーク主体組織とありますが、
オフィスワークでもハイブリッドでも
原則は同じです。
テレワークのときは考慮すべきことが
多少増えるだけです。

コロナの影響がまだまだ続くなか、
世界的にも日本としても生産性の向上が
必須です。

特に日本の人口減少、労働力人口の減少は
著しいので、ダブルパンチのなかで生産性を
高めていく必要があります。

これを個人の取り組みに任せてしまう企業、
戦略的・組織的に行う企業、
とがいた場合、働く社員、やる気のある社員は
どちらを選ぶでしょうか?

5年後、10年後はどんな差が出てくるでしょうか?
後々の挽回は困難を極めるので、
1.5時間で一緒に考えてみませんか?

みなさまのご参加をお待ちしております。
(セミナー申し込みサイト)
https://www.prostandard.co.jp/seminarwi

< 後の記事
前の記事 >