株式会社プロスタンダード   〒105-0014東京都港区芝3-31-5 福田ビル3F

​受付の時間:平日AM9:00〜PM6:00

  • Tumblrの - ホワイト丸

Copyright c2019 Prostandard All Rights Reserved.Powered by Prostandard

NEWS

最新情報

お世話になっております。

プロスタンダードの若林です。



ラグビー日本のベスト8進出が

決まりましたね!



日曜日は固唾をのみながらテレビ

観戦していました。



ラグビー観戦は生涯で2,3回なので

にわかファンと変わりませんが(汗)

にわかファンでも感極まるものがありました。



感動は海外メディアにも広がっています。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00088980-theanswer-spo&fbclid=IwAR1DW1TuefyD9E6paR4U-arG_OTnNwgM36Xt7lx2lH9shqBL9cNoZN1Hi-M



試合そのものについては省略するとして、

私は試合後の選手のコメントに注目しました。



・「One Team」というスローガン、そしてそこに

魂がこもっている。

日本の良さはチームのために、みんなのために、

ということを再確認しました。

台風の被害を心配する選手のコメントからも、

他者視点を強く感じました。



・そして、ベスト8進出という共通の高い目標。

2011年から8年越しのチャレンジです。



・ベスト8進出を実現するために、年間200日の合宿、

その間にも試合や遠征があったことを考えると相当な

ハードワークです。

選手の「全てを犠牲にしてきた」という言葉からも

ハードワークが伝わってきます。





これらが日本的組織が持っている本来の強み

なのではないでしょうか。

(多様な人材も活躍していますよね)





・翻って、今の働き方改革の計画に人事や経営の魂は

こもっているでしょうか?

会社や株主のためではなく、みんなのためにという

視点が伝わっているでしょうか?



・短期視点ではなく、8年、10年の長期視点で

考えられているでしょうか?

到達するのが困難で、でも大きな価値が認められる

高い目標はあるでしょうか?



・現場にも魂がこもっているでしょうか?

高い目標を実現するための、日々の努力が

あるでしょうか?



対スコットランド戦のあとに、

このようなことばかり考えていました。



働き方改革においても感動的な

成果を残してほしい。

心からそう願います。

働き方改革実現マニュアル

​​ダウンロード