NEWS

最新情報

お世話になっております。
(株)プロスタンダードの三浦です。

本日も、コンサルティング現場での気づきや
働き方改革関連のニュースなど送付いたします。

皆様のお役に立てればと存じます。


最近、若林に勧められて本を読む機会が増えました。
今まで漠然と捉えていたことが体系的にまとめられていたり
自分では出てこなかった発想を知ることができたり
新たなことを知るたび、「勉強って楽しいなぁ」と思います。

私は今年34歳になりますが、恥ずかしながら社会人になってから
本を読んだり学校に通ったりといった、職場外での勉強をほとんど
してきませんでした。

私に限らずよく、日本のビジネスパーソンは海外の
ビジネスパーソンに比べ勉強をしないと言われますが
本当にそうなのでしょうか?

気になったので、少し調べてみました。

NOP Worldの調査によると

・先進国を含めた世界30カ国の1週間あたりの平均読書時間は「6.5時間」
・日本は30カ国中29位で「4.1時間」

のようです。
(その他の順位はhttps://tabizine.jp/2016/11/23/103814/#i-2)

トップのインドとは2倍以上の差があるとのこと。
平均と比べても1.5倍以上の差があるのは驚きです。

また、OECDが2012年に実施した調査によると

・25歳以上の通学率はOECD平均が「37.4%」
・それに対し日本は「4.6%」で先進国中最低

のようです。
(その他の順位はhttps://newspicks.com/news/2647674/body/)

今までの日本は終身雇用前提の雇用形態であったことから
社外学習よりもOJTが重要視されていたのでしょうか。

また、個人的には、「勉強する時間がない」というのも要因として
大きいのではないかと思います。

前職で営業をやっていた頃はかなり残業もしていました。
翌日の仕事の準備を終え、家に帰る頃にはクタクタで
時間的にも体力的にも、勉強する余力はなかったと思います。

今週の気になるニュースは
【1】時間は減っても生産性は上がる⁉ 世界で広がる
「週休3日制」という働き方
です。

ニュージーランドの企業が「週休3日制」を取り入れた
事例が紹介されています。

意識の変化、業績の変化、生産性の向上・・・
様々な変化が見られているようですが

休みが1日増えたことで、40%の社員が
「プロフェッショナルなスキルの習得」に時間をあてているようです。

いきなり週休3日はハードルが高いかもしれませんが
働き方改革で個々人に余力が生じることで、勉強に時間を費やす人が増えそうです。

結果的に、OJTだけでは身に着けられないスキルや知識が身に付き
企業にとってもプラスになるのではないでしょうか。

----------------------------------------------------------------------------

■気になったニュース

【1】時間は減っても生産性は上がる⁉ 世界で広がる「週休3日制」という働き方【ジョイキャリア】
https://career.joi.media/trends/2019/08/22/11819/

【2】「働く時間減らせばOK」と考える経営者の大誤解【東洋経済オンライン】
https://news.livedoor.com/article/detail/16949275/

【3】職場の雑な働き方改革に苦しむ人々【キャリコネニュース】
https://news.livedoor.com/article/detail/16968168/

【4】4割の人が「長時間労働していると思う」 働き方改革スタート3か月、実施後も横バイ【JCAST】
https://www.j-cast.com/kaisha/2019/08/22365520.html

【5】「働き方改革」は誰のためか 企業と従業員にあるギャップ 【ITmedia】
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1908/20/news041.html

----------------------------------------------------------------------------

株式会社プロスタンダード   〒105-0014東京都港区芝3-31-5 福田ビル3F

​受付の時間:平日AM9:00〜PM6:00

  • プロスタロゴ(Pのみ)
  • さえずり

Copyright c2020 Prostandard All Rights Reserved.Powered by Prostandard