下がってしまった組織の生産性を
マネジメント/コミュニケーションの強化で

回復させるためのセミナー

​満員御礼の追加開催

「プロスタ品質」を実感。

​①

働き方改革で思うような成果があがらない要因が分かる

​②

現場の管理職が、どのような施策を求めているかが分かる

​③

どのような指標設定/効果測定ができれば良いかが分かる

​【セミナー概要】 ※無料

【セミナーについて】

セミナーのプログラムは下記の通りです。
1. テレワークにおける課題の全体像
 ・テレワークの実施状況とその課題
 ・テレワークにおいて変わったことと変わっていないこと
 ・「誰が」「誰に」「何をする」の観点から課題を深堀する

2. 課題解決のための方法
 ・生産性の考え方とその阻害要因
 ・生産性向上のためのプロセス
 ・管理職のマネジメント能力強化
 ・コミュニケーションの工夫

3.「生産性向上」に向けての具体策
 ・テレワーク環境下において生産性を上げる具体策
 ・それを継続して行うための方法
 ・今期のうちにすぐに取り組めること

【セミナーの概要】

新型コロナウイルスへの感染症対策の措置として多くの企業ではテレワークの導入が余儀なくされました。

それにより、満員電車での通勤からの開放や通勤時間の有効的利用など、多くの面で恩恵があったと思います。一方で、テレワーク導入による弊害もあったことも確かです。例えば、これまで対面で行っていたことを遠隔で行うことで、生産性が下がったという声は多く挙がっているのではないでしょうか。この原因はテレワークによってお互いの様子が見えづらいことで生じた共通認識を持つことが難しくなったことにあります。これまでの業務であれば、上司と部下が対面でのコミュニケーションを通してお互いが望んでいることや困っていることなどを雰囲気の中から掴み取ることができていたため、すぐにその「共通認識」を作り出すことができました。しかし、今回のコロナ禍よって環境が大きく変わったことから、今まであった「共通認識」を作りづらくなっています。

この状況に対して、共通認識が作りづらいからといってテレワークを廃止することは現実ではないでしょう。テレワーク下においてどのように「共通認識」を作り出すかが重要になります。

では、どのようにテレワーク下において「共通認識」を作り出せばいいのでしょうか?

それには2つのやり方があります。

1つ目は、成果の定義です。朝から夜までオフィスにいることで働いているということは証明できていました。しかし、これまでなんとなく把握していた業務の成果を、きっちりと定義してその成果の元にコミュニケーションをとっていく必要がでてきました。お互いに働いている姿が見えない中で、見える「共通認識」を創っていく必要があります。

2つ目は、心理的安全性です。これまではオフィスに一堂に会していたことで帰属意識が高まったり、気軽に話し合えるメンバーが周りにいたことで感じていた安心感を、今度は別の形で作る必要があります。物理的に距離が近かったこと、オフィスにいるという一体感から作られていた心理的安全性を意図的に作り出す必要があります。

そして、この2つの方法を駆使して「共通認識」を作り出すためには、管理職が「マネジメント」しつつ「コミュニケーション」を駆使しながら作っていくことが求められます。つまり、どうマネジメントして、どうコミュニケーションをとっていくのかが管理職の腕の見せ所になります。しかし、各現場の管理職は新型コロナウイルスによる売上の低下などに追われており、

コミュニケーションやマネジメントなどにまでリソースを割くことは難しいのではないでしょうか?

そこで、本セミナーでは社視点で人事施策を画策されておられる人事部長の方々を対象に、

テレワークにおける課題の全体像と、それぞれの課題に対する解決策、そしてそれを踏まえた

うえでこれ以上生産性を下げないポイントを「マネジメント」「コミュニケーション」の]

観点からお伝えさせて頂きたいと考えています。

 

※ご同業や個人の方のご参加は遠慮いただいておりますので、

あらかじめご了承ください。

【プログラム】

​日時    内容

15:00 ~ 16:30

1. テレワークにおける課題の全体像

 

2. 課題解決のための方法

 

3.「生産性向上」に向けての具体策

4.質疑応答
 

​【講師情報】

株式会社プロスタンダード
 代表取締役社長
 若林 雅樹(ワカバヤシ マサキ)

株式会社インテリジェンスに入社し、一貫して人事を経験。全社5,000人の働き方改革プロジェクトを任され、残業時間を大幅に削減。会社設立後は、全社の働き方改革を人事として推進してきた経験を活かし、全社単位での残業削減、生産性向上を支援。支援先のクライアントは数百億企業から1兆円超え企業と多岐にわたる。また、独自のナインウォールズメソッドを活用して、再現性のある成果をクライアントに提供している。
 
著書は「メールはすぐに返信するな。」KADOKAWA)。また、月刊人事マネジメントにて「全社的な生産性・ワークライフバランス向上活動を“泥臭く”継続・徹底して、大きな成果をあげる方策」を連載。

【基本情報(詳細表示)】

​開催日時             2020/10/21(水) 15:00 ~ 16:30

​会場               Webでの開催になります。

​受講費              無料

​定員               50名

​特典               なし

参加申込期限           開催日前日 18:00まで

申込後のキャンセル期限      開催日前日 18:00まで

受講対象             経営者・経営幹部、人事・労務

​主催者              株式会社プロスタンダード

​セミナーに関するお問い合わせ先  TEL 03-6712-8474

​【開催者情報】

会社名:株式会社プロスタンダード
所在地:〒1050014 東京都港区芝3-31-5 福田ビル3F
事業内容:働き方改革の現場自走支援、人材育成・研修
代表者名:若林 雅樹

お問合せ先:03-6712-8474
URL:http://www.prostandard.co.jp

​【お申し込み】

2020年10月21日(水)開催

株式会社プロスタンダード   〒105-0014東京都港区芝3-31-5 福田ビル3F

​受付の時間:平日AM9:00〜PM6:00

  • プロスタロゴ(Pのみ)
  • さえずり

Copyright c2020 Prostandard All Rights Reserved.Powered by Prostandard